IQOSの受動タバコの誘惑に対して

私の父親が今年から電子煙草のIQOSを使い始めました。地方の為か会社でも周辺で訴えるクライアントはいなかったようなのですが、昨年からどんなものか使ってみたいと言っていました。但し近所ではいつのコンビニエンスストアも売れ残りはなく、ウェブストアなどでも正価以上の額面で販売されており、どうにも手に入れることができずにいました。そんなとき、常に煙草を購入しているコンビニで店長ちゃんにもし納入しそうだったら取り置きしてほしいという伝えたスポット、脱退になったものがあるから白いトーンのものでよければとにかくと言われ、今年継続出来ました。始めはこれまで通り外側やベランダで吸っていたのですが、吸って戻ってきた父親からおそらく煙草の異臭がなく、最近ではリビングも吸ってある。大気清浄機会もIQOSを吸った時は異臭に手答えやるものの、これまでの煙草で手答えしていたPM2.5のラベルは出ていません。真に父親がIQOSを吸っている時にも僅か辛い匂いが講じるものの、これまでの煙草の様に煙がないためにほとんど気掛かりに感じません。このように、どうも無害なもののやうに感じてしまっているのですが、異臭は無くても有害な商品などは大気中に出てはいないのでしょうか。自分の感性や大気清浄機会のラベルでわからない部分は依然、ちょい不安です。、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする